重要!カラコンを安全に使用するために知っておきたいこと

カラコンはファッションの一部

若者の間ではカラコンがファッションの一部となっています。カラコンとはカラーコンタクトレンズのことで、通常は透明のコンタクトレンズを視力の低い人が身につけますが、カラーコンタクトレンズはレンズに色が付いていますので、特に視力の低くない人でもファッション感覚で身に付ける場合があります。ブルーブラウンなどファッション性の高さを重視したカラコン以外にも、さりげなく黒目を大きく見せる為のカラコンなどもあります。

カラコンの安全性について

カラコンは度々安全性が問題視されています。確かにカラコンは2009年以前は医薬品医療機器法の規制対象外でしたので、雑貨店などで安く手軽に購入することが出来ました。しかしそういった商品の中には、安全性が低いカラコンもありましたので、カラコンによるトラブルが発生する原因にもなりました。現在ではカラコンも高度管理医療機器として扱われていますので、製造・輸入にあたっては厚生労働大臣の承認が必要ですし、販売には都道府県知事の許可が必要となりました。

眼科を受診してから利用する

視力補正用コンタクトレンズに比べて、カラコンはファッション性が重要視されていますので、若い方が使用されるケースが多いです。その為、安全面を重要視しなかったり、安いカラコンを購入すると言った傾向があります。もし誤った使い方をしてしまいますと、眼の障害の原因にもなってしまいますので、眼科を受診するなどして眼に合った安全性の高いカラコンを購入することが大切です。一口にコンタクトレンズと言っても、レンズのサイズやカーブなどによって合う合わないがあります。

カラコンの茶色を使用すると、なんとなく全体的に色素が薄い人に見えるので、簡単にハーフ顔になることができます。