良い歯医者さんと悪い歯医者さんの見分け方

悪い歯医者さんとは?

悪い歯医者さんといえば、治療が下手で、必要以上に歯を削ってしまったり、儲けを最優先して、必要のない治療を行ったり、必要のないレントゲンを撮ってみたりとする歯医者さんですよね。あとは、患者さんの質問にうまく答えられず、不安にさせたり、不信感を持たれたりする歯医者さんも悪い歯医者さんといえます。真っ先に浮かぶのはこのような歯医者さんだと思います。しかし、一番悪く怖い歯医者さんは医療機器が不衛生で使いまわしている歯医者さんですよ。

良い歯医者さんとは?

良い歯医者さんといえば、治療も上手で、患者さん目線で、質問される前から説明して患者さんの不安をなくし安心させられる歯医者さんですよね。歯医者さんといえば、やっぱり「痛い」とか「怖い」とか思って、なかなか通うのは敬遠してしまいがちです。でも、不安の中、いざ通ってみると、とても親切で、不安に思っていることを察してくれて、不安なことを質問する前に説明してくれたらうれしいですよね。そんな歯医者さんは、たいてい医療機器の衛生管理もしっかりしてますね。

歯医者さんを選ぶポイント

通い始めてから歯医者をかえることは、なかなか難しいですよね。なので、通い始める前に、しっかりと、どこの歯医者さんに通うのかを見定めないといけません。見定めるポイントは、ホームぺージです。ホームページを見てみて、書いてある内容が患者目線かどうかです。患者の立場になったアドバイスのようなものがあるのか、歯医者さんの自慢話のような特徴ばかりが書かれているのかで、患者と向き合う気があるのかを判断できます。

根管治療は何度も通わなくてはならず、患者の側も負担が大きい。しかし最後まで治療を終えずに仮のフタをした段階でやめてしまうと、細菌が中で繁殖しやすい状況にあるので、きちんと最後まで受診したほうがよい。